So-net無料ブログ作成
検索選択

窓のサッシの掃除方法 [掃除]

やることリストの中で、一番やりたくなかった窓のサッシの掃除を、エイヤッという気持ちでやっています!
(まだ1/3箇所残っていますが、、、)
どうしてやりたくないかと言うと、汚いのと、ずっと屈んでいなければならないのでお腹と腰が苦しいから、、、(^-^;
でも年末の大掃除にもやったお陰で、汚れ方もそこまで酷くなく、その時よりは大分楽に掃除できました!

今回は、自分なりに編み出した一番楽なサッシの掃除方法をご紹介します。

用意するものはこちらの二点

Fotor_149198048931844-1024x1024.jpg
①古いTシャツを細かくカットしたもの
 (気兼ねなく使い捨てできる布類ならなんでもOK)
②無印のスプレーボトルに入れた重曹水
 (コップに入れた水などでもOK)

特に①の使い捨てできる布は重要です。たくさん用意してください!
割り箸に布を巻き付けたものや古歯ブラシなどいくつか試しましたが、微妙にサッシの形に合わなくてイライラしたり、ブラシに入り込んだ埃でまた汚れるのがイヤになったりして、結局使わなくなりました。

掃除方法は以下の通り

Fotor_149198054446449-1024x1024.jpg
①カットした古布を使って、サッシに溜まったゴミを掻き出します。
サッシの中央側から端側へ、室内側から外側へゴミを追いやっていくイメージで、サッシの幅に合わせて布を詰め込んだり指を添えたりしながら、ゴミを外へ掻き出します。
この時、まだ重曹水は使いません。
乾いた状態でどれだけゴミ、特に埃を減らせるかが後の作業を楽にします。
古布は汚くなったらどんどん捨てて新しいものに変えていきます。

Fotor_149198059963947-1024x1024.jpg
一通りゴミを掻き出しました。
角に溜まった砂などは取りきれないので、細かいところは次のステップできれいにします。

Fotor_149198069875019-1024x1024.jpg
②重曹水を吹き掛け、①で取りきれなかった細かいゴミを浮かして流します。
この時もサッシの中央側から端側へ、室内側から外側へゴミを追いやっていくイメージで行うと効率が良い気がします。
角に溜まった細かい砂はこの段階で浮かせます。水流で流してしまえると更に良いです。
無印スプレーボトルの吐出口を「JET」にすると、水流で一気に押し出せるので便利です。

Fotor_149198076751990-1024x1024.jpg
③カットした古布を使って、②で取りきれなかった細かいゴミと水気を拭き取っていきます。
この時もサッシの中央側から端側へ、室内側から外側へゴミと水を追いやっていくイメージで。
角に残った細かいゴミなども、ほじくるようなイメージで頑張って取り除きます。
古布が汚くなったり、びしょびしょになったりしたらどんどん新しいものに変えます。

全て拭き取り終えたら、、、

Fotor_149198081385743-1024x1024.jpg
終了です!わーパチパチ!!
本当に細かい所にはまだ汚れが残っているのですが、深追いするとサッシ掃除がもっと嫌いになるのでこの辺りで留めておきます(^-^;
こまめにやればいつかは取れるはず、、、

サッシ掃除大嫌いでしたが、古布使い捨て作戦、乾いてるうちにできるだけゴミを取り除く作戦を実行するようにしてからは、負担が随分減ったような気がします。
サッシ掃除の嫌いな方のお役に立てれば嬉しいです!



↓ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックお願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0