So-net無料ブログ作成
検索選択

松本で買ったかご [道具]

今日も会社を休んで内科の検診に行ってきました。
一週間の血糖値の測定結果を先生に見せたところ、「血糖値が高い訳ではないけれど、念のためインスリン注射を始めましょう」と言われ、明日から自分で朝1回、インスリンを打つことになりました。
インスリン自体は必要なものと理解できるので抵抗はないのですが、先週産婦人科に行った時に、インスリン注射スタート≒妊娠37週から強制入院 と宣告されているので気分がとても落ち込みました。
正式な入院宣告は来週の産婦人科検診でされると思います。

何度行っても大学病院は疲れるし気分が滅入るので長くいたくありません、、、
そこに長く入院しなきゃいけないだなんて、、、赤子のためと言われれば頭では受け入れられますが感情が追い付きません(´Д`)えーん
入院までの約1ヵ月の間に、出産・育児準備と趣味のものの準備をたくさんしておこう、、、
今、裁縫に興味が湧いているのが救いです。


さて、本題です。

ずっとかごに憧れていました。
既にふたつは持っていて、それぞれ植物の液肥入れと電子機器類入れとして使ってはいたのですが、今一つ使いこなせている感じがなくこれ以上増やせずにいました。
一方で、雑誌で見るたびに惚れ惚れし、雑貨屋さんで見掛けるたびに手に取るのですが、「高いしなあ、、、」「何に使っていいかわからないしなあ、、、」と買わずにいる日々も続いていました。

が、何だったかの雑誌(多分リニューアル前のクウネルかLEE)で伊藤まさこさんのかごに対する情熱が語られている記事を読んだ時、私のかご熱も一気に上がり、これはまず買ってみよう!長く使えるそうだし、使い道は後から考えればいい!と心に決めました。

そんな中、クラフトのまち・長野県松本市に旅行に行ってきました。
事前にお店の候補をいくつか調べて、4つのかごを買ってきました!

Fotor_148940749626614-1024x1024.jpg
左:上原善平商店で購入したかごバッグ
右上:ちきりや工芸店で購入した背の高いかごの箱
右下:ちきりや工芸店で購入した小さなかごの箱ふたつ

かごバッグは用途を全く考えずに購入しましたが、バッグとしても使える、取っ手が倒れるので本棚にも仕舞える高さになる、きれいな四角形なのでどんな棚にも収まりやすそう、値段もびっくりするほど高くない、と何にでもなれそう且つ初心者向けな要素が揃っていたので購入しました。
背の高いかごの箱は、メイク道具が文房具を入れられるかな?と思って購入しました。
小さなかごの箱は、綿棒や糸ようじ、細々した文房具やキッチン用品などが入れられるかと思って購入しました。
今後我が家でどのように馴染んでいってくれるのかな~~今から楽しみです!

今まで、収納用品は用途と耐久性とデザイン優先でついつい無印のものに手を出しがちでしたが、用途は不明確でもそれ自体にときめくものにするのもいいかもしれませんね。
少しずつ買い足していけば、10年後には部屋全体の雰囲気も変わってるかも?

ちなみに、、、
Fotor_148940755137575-1024x1024.jpg
今日のインスリン注射開始宣告を受けて、かごバッグを血糖値測定キット、インスリン注射キット入れにしてみました。
決して楽しい作業ではないので、入れ物を好きなものにしたら少しは気分が上がるかと思って。
がんばれ私~~!!!赤子もがんばれ~~



↓ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックお願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0